記事掲載

八ツ場の水陸両用バス 自動操縦を実証実験 日本財団が支援へ

 日本財団は、海運や造船、ITなど40を超える企業・団体が2021年度末までに、群馬県の八ツ場ダム(長野原町)での水陸両用バスを含め、五つの無人運航船の実証実験を始めると明らかにした。八ツ場ダムでは、IT企業など5社・団体でつくるコンソーシアム(共同事業体)が湖上や陸地を行き来する自動操縦に挑戦する。日本財団は本年度、五つの実験に計約34億円を支援し、世界に先駆けて25年までの実用化を目指す。

※掲載記事の詳細は、下記URLよりご確認頂けます。

上毛新聞 ネット 2020/6/16 06:00
https://this.kiji.is/645368080798303329?c=65699763097731077
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/219501

<関連記事>
・日経電子版 2020/6/16
八ツ場ダム湖で水陸両用車の自動運転実験 群馬・長野原町など
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60416240W0A610C2L60000/

・乗りものニュース 2020.06.12
「船の無人運航」実験へ 大きさ様々5プロジェクト 水陸バスも 実用化に道筋
https://trafficnews.jp/post/97109

ピックアップ記事

  1. お問い合わせ先

関連記事

  1. 記事掲載

    三河湾に浮かぶ日間賀島に埼玉工業大学の自動運転バス、 転倒防止監視や顔認証を初搭載し実用化へ前進 全…

    「登場当時はカクカクしたステアリングと加減速を感じたけど、この自動運転…

  2. 記事掲載

    埼玉工業大学が自動運転技術開発センターを設立、バスや福祉車両の自動運転化にむけた技術開発を加速(20…

    大学が開発した自動運転バスが、学生を乗せて最寄り駅と大学を結ぶ―――そ…

  3. 記事掲載

    埼玉工業大学レベル3自動運転バスが8か月で650km走行、後付けAIシステムの2021年実用化めざす…

    埼玉工業大学の自動運転AIを載せた日野『リエッセ II』が、自動運転レ…

  4. 記事掲載

    信号・合流・公共車両優先、インフラ協調型の自動運転国内実験が第2フェーズへ

    同実験の初日となる10月15日、内閣府中央合同庁舎での説明会では、この…

  5. 記事掲載

    「深谷をAI人材育成 最先端の街へ」埼玉工業大学 人工知能シンポジウム でカリキュラムを紹介(201…

    「既存の人工知能概論の内容をベースに、AIジェネラリスト教育を 埼玉工…

  6. 記事掲載

    自動運転バス関連のニュースの追加紹介(2019/8/16)

    自動運転バス開発の関連記事が、各種メディアで紹介されています。 …

お知らせ

最近の記事

オススメ記事

お問い合わせ先

  1. 記事掲載

    「オート復帰もマッピングも早い」 走るたびに自動運転AIプログラムを更新、埼玉工…
  2. 活動紹介

    八ッ場スマートモビリティ 共同記者会見の実施報告
  3. プレスリリース

    埼玉工業大学、「加須市騎西銀杏祭」でAIバス体験試乗会を実施 ~200名の市民が…
  4. 記事掲載

    全国各地を走る埼玉工業大学 自動運転AIバスが地元スクールバスに! 後付け自動運…
  5. 動画

    損保ジャパンからハーモニーホール 隊列走行本番 操舵・制動
PAGE TOP