記事掲載

損保ジャパン、自動運転車の事故トラブル対応サービスの研究拠点を開設 ティアフォーなどと実証実験も(2018/9/29)

損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区/社長:西澤敬二)は2018年9月28日、遠隔型自動運転運行サポート施設「コネクテッドサポートセンター」を開設したと発表した。自動運転社会の実現を見据え、損害保険会社が果たすべき役割の研究を加速させることを目的としている。開所に合わせて27日、自動運転車の事故トラブルを想定した実証実験も実施した。

コネクテッドサポートセンターは、東京都中野区に拠点を構えるプライムアシスタンス株式会社内に開設。報道発表によれば、同センターの主な役割は①複数台の自動運転車の走行状況をモニター監視、危険時等における遠隔操作による操舵介入②レッカー手配などのロードサービス手配、現場駆けつけなど現地対応のサポート提供③警察や消防などへの緊急通報支援④事故トラブル時の車両停止時における代替移動手段の手配—の4つ。

※掲載記事の詳細は、下記URLよりご確認頂けます。
・自動運転ラボ
https://jidounten-lab.com/w_6188

関連記事
●レスポンス 2018.10.5
埼玉工業大学、損害保険ジャパン日本興亜の自動運転デモに参加

損保ジャパンからハーモニーホール 隊列走行本番 操舵・制動前のページ

損害保険ジャパン日本興亜の自動運転デモに参加(2018/10/5)次のページ

ピックアップ記事

  1. お問い合わせ先

関連記事

  1. 記事掲載

    西新宿エリアの自動運転バス記事の掲載

    主な記事10月2日(月)から自動運転の走行が開始し、マスコミの取材…

  2. 記事掲載

    「埼玉を自動運転技術の集積地に」 埼玉工業大学がレベル4対応実験車を一般公開_さいしんビジネスフェア…

    映画「翔んで埼玉」で注目が集まった地元。こんどは「自動運転技術の集積地…

  3. 記事掲載

    『渋沢栄一 論語の里 循環バス』の運行の記事掲載

    NHK大河ドラマ「晴天を衝け」の放送に合わせて、『渋沢栄一 論語の里 …

  4. 記事掲載

    停車位置の誤差3ミリ以内、自動運転AIバスが実験—埼玉工業大学、GPSのみでも実証

    「はいバスが正着しましたーっ」「はい計測しまーす。289ミリ!」 羽田…

  5. 記事掲載

    埼玉工業大学、播磨科学公園都市の自動運転実証運行に協力

    埼玉工業大学は、12月5日~9日の5日間、同学が開発中の自動運転バスを…

お知らせ

最近の記事

オススメ記事

お問い合わせ先

  1. 活動紹介

    TOPICS 未来を見据えた研究紹介
  2. プレスリリース

    埼玉工業大学、愛知県日間賀島の自動運転社会実装実証事業に協力  ~自動運転バスの…
  3. 記事掲載

    自動運転ロボットの活用は陸上だけでない 水上物流の可能性も見据えたモビリティ開発…
  4. 記事掲載

    埼玉工業大学、播磨科学公園都市の自動運転実証運行に協力
  5. 記事掲載

    自動運転バスが最高40km/hで公道走行…新機能追加、次の課題もみえてきた 埼玉…
PAGE TOP