プレスリリース

2022年度千葉市未来技術等社会実装促進事業(自動運転車社会実装サポート事業)に基づく 自動運転実証実験の実施について

下記のとおり、千葉市未来技術等社会実装促進事業の自動運転実証実験に関して、共同事業体各社より、プレスリリースが発信されました。
本学は昨年度に続き関係各社と協力して、幕張新都心における自動運転の実験実験に参加いたします。
昨年は、マイクロバスを提供しましたが、今回は中型バスを提供して参加いたします。

<発表概要>
京成バス株式会社(代表取締役社長:齋藤 隆、以下「京成バス」)、損害保険ジャパン株式会社(代表取締役社長:白川儀一、以下「損保ジャパン」)、アイサンテクノロジー株式会社(代表取締役社長:加藤淳、以下「アイサンテクノロジー」)、株式会社建設技術研究所(代表取締役社長:中村 哲己、以下「建設技術研究所」)、埼玉工業大学(学長 内山俊一)、株式会社東海理化(代表取締役社長二之夕 裕美)の6社(以下、実施事業者)は、千葉市(市長:神谷俊一)より公募された、千葉市未来技術等社会実装促進事業の自動運転車社会実装サポート事業(以下、本事業)に採択されました。提案した事業計画に基づき、2023年1月21日、22日に幕張新都心地域において自動運転車の実証実験を行うこととなりましたので、お知らせいたします。

本件の詳細は、下記にURLまたは、PDF版のプレスリリース
ご参照願います。
https://www.sit.ac.jp/news/21112_1/

世界初!! 埼玉工業大学 自動運転の水陸両用車ダイジェスト(テレ玉)前のページ

2022年度 千葉市・幕張新都心の自動運転実証実験関連の記事次のページ

ピックアップ記事

  1. お問い合わせ先

関連記事

  1. プレスリリース

    中部国際空港島における自動運転の実証実験に参加します

    埼玉工業大学は、愛知県が実施する2022年度「自動運転社会実装モデル構…

  2. プレスリリース

    埼玉工業大学、「自動運転技術開発センター」を設立(2019/5/30)

    埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市、学長:内山俊一、略称:埼工大、htt…

  3. プレスリリース

    埼玉工業大学、自動運転の走行距離年間1万キロを達成 ~2021年度は論語の里バスをはじめ、2台のバ…

    埼玉工業大学は、「自動運転技術開発センター」(センター長:渡部大志)の…

お知らせ

最近の記事

オススメ記事

お問い合わせ先

  1. 活動紹介

    自動運転スクールバスの実証実験を開始 (2019/12/23)
  2. 記事掲載

    水陸両用船の無人運転の開発に関する記事(続編)
  3. 記事掲載

    手動介入147回、路上駐車がネックに 栃木県茂木町の自動運転実証 2021年6月…
  4. 記事掲載

    水陸両用船の無人運転・運航技術の開発に成功に関する記事
  5. プレスリリース

    『渋沢栄一 論語の里 循環バス』合計約1万キロの自動運転走行を達成 新たに【論語…
PAGE TOP