記事掲載

自動運転ロボットの活用は陸上だけでない 水上物流の可能性も見据えたモビリティ開発 陸上から水上までシームレスに移動できる自動運転モビリティ

未来コトハジメ(日経BP総研)で、埼玉工大自動運転の開発が次のように紹介されました。
地上では車輪で移動し、そのまま入水して水上をスクリュープロペラで移動する水陸両用車が自動運転に対応したら、モビリティとしての活用の幅が広がっていくかもしれない。
水上を移動するモビリティに関しては、日本財団が「無人運航船の実証実験にかかる技術開発共同プログラム」として、無人運航船の実証実験を行う5つのコンソーシアムを支援している。

※掲載記事の詳細は、下記URLよりご確認頂けます。

未来コトハジメ(日経BP総研)2020.08.25
https://project.nikkeibp.co.jp/mirakoto/atcl/robotics/h_vol39/?P=2


<関連情報>
・プレスリリース:埼玉工業大学、ITbook と水陸両用無人運転・運航技術を共同開発
2020年7月3日発信
https://www.sit.ac.jp/media-s/2020/press/200706_01.pdf

・ITbook ホールディングス プレス 2020 年7月6日
“世界初”水陸両用自動運転技術の開発 ~群馬県八ッ場ダム~ 共同記者会見開催 報告
https://ssl4.eir-parts.net/doc/1447/tdnet/1857901/00.pdf

<関連ニュース>
鉄道チャンネルニュース 8/3(月)
https://tetsudo-ch.com/10511173.html

ピックアップ記事

  1. お問い合わせ先

関連記事

  1. 記事掲載

    『渋沢栄一 論語の里 循環バス』の運行の記事掲載

    NHK大河ドラマ「晴天を衝け」の放送に合わせて、『渋沢栄一 論語の里 …

  2. 記事掲載

    八ッ場ダム水陸両用バスに埼玉工業大学 自動運転AI技術を導入、ローカル5G通信と組み世界初の水陸自動…

    群馬県長野原町。ことし春から本格稼働した八ッ場ダムに、新たなモビリティ…

  3. 記事掲載

    自動運転バスが最高40km/hで公道走行…新機能追加、次の課題もみえてきた 埼玉工業大学

    埼玉工業大学で開発中の自動運転バスが9月29日、最高速度40km/hで…

  4. 記事掲載

    三河湾の離島を走った自動運転バス…「2021年度に実用化」「2日半かかる経路マッピングを1時間で」

    名古屋から名鉄特急と名鉄海上観光船で1時間半。知多半島と渥美半島の間、…

  5. 記事掲載

    埼工大、真空展(9/4~9/6、@パシフィコ横浜)への出展(2019/9/5)

    真空展の主催者特別企画で、自動運転車の展示とバスの体験試乗をおこなった…

  6. 記事掲載

    Society 5.0 実現へ「シンギュラリティをつくるのは学生たち」あの中山五輪男が埼玉工業大学で…

    サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させた…

お知らせ

最近の記事

オススメ記事

お問い合わせ先

  1. 記事掲載

    AI専攻にロボット工学、全学共通AI教育…2年間で志願者2倍増の埼玉工業大学 W…
  2. プレスリリース

    「本庄早稲田」に埼玉工業大学の自動運転バスが登場(19/9/24)
  3. 記事掲載

    埼玉工業大学、播磨科学公園都市の自動運転実証運行に協力
  4. 記事掲載

    埼玉工業大学、自動運転技術の大学発ベンチャー設立 私立大学初(2018/7/9)…
  5. 記事掲載

    埼玉工業大学とフィールドオート、半導体関連展示会「セミコン」で自動運転実験車両を…
PAGE TOP